記事の詳細

普通のサラリーマンで、普段は郊外や地方エリアで飲んでいるお客様が、たまに年に数回など、都会の歓楽街に飲みに来てくれることがあります。
そんなとき、地方と都会ではもちろん相場が違い、お店ランクによっては2倍くらい料金が変わってくることがあります。
あなたからすると、毎日見ているお会計なので普通かもしれませんが、
例えば、いつも2セット飲んで2万円払っていたお客様にとっては、同様の2セットでお会計が6万円越えなどなるとかなり大打撃なわけです。
そうなると、高いね…もう来れないねみたく暗い雰囲気になり、大事な潜在客をなくしてしまうことになりかねません。

そういうお客様に対しては、どのように接っすれば良いのでしょうか?

いつも地方で飲んでいる人をたまに接客する場合は、お客様の職業やいつも飲んでいるお店の相場などを、メールでそれとなくやり取り中に聞いておくと良いです。
お客様の予算をあらかじめ把握して、負担にならないような飲み方を考えて進めてあげましょう。
そうすれば、「2セットいただくとこのお値段になってしまうので、この方には1セットで帰ってもらおうかな」といった事前の心遣いができます。
あなたのそんなささやかな心遣いに気付いたお客様からは、とても感謝されるでしょう。

check以下は「たまの出張客タイプの攻略法」などの地方客営業について収録した営業テクニック集です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る