記事の詳細

Q)超上から目線のお客さんに、凄い腹が立ってしまいます。よくないとわかっていても、プチ言い争いとかに発展してしまいます。

しまいには自分まで、上から目線で考えてしまう自分が凄く嫌です。

超上から目線、なにかとつっかかってくるお客様などは、どう対処、心がけていましたか?

A)接客レベルを一枚上手にステージアップしましょう。

夜のお仕事では、多くのコが同じ状況に合ったとき、考えなしに「ムカつく」の一言で、この仕事をやめていきます。

でもあなたは今、そのお客様についてしっかり考え、ちゃんと仕事と向き合えていることは成長している証拠です。

言い争いや腹が立っている状態は「相手と同じステージにいる状態」。

あなたが一枚上をいかなければ、そのお客様をかわすことはできません。

一枚上をいくとは「その相手を受け入れること」。

そのお客様の態度を、「さらに広い視野で包み込める」ということです。

逆なでするようなことを言われても、逆にその「上から目線態度」を笑いとばしたり、おもしろがって聞いてあげるくらいの気持ちで、受けとれば良いのです。

お客様が、攻撃するつもりが

「全然ダメージをくらってない」。

そんなバランス関係へ持っていけるのがベストです。

やがてお客様も攻撃するのに疲れて、心を開いてくれます。

まちがっても「同じ目線のいやみ」をかえしてばダメです。

相手に「あなたが同じステージにいる」と錯覚されて、さらに攻撃されるだけ。

簡単に言えばあなたが、真に受けて相手にしなければ良いだけなのです。

「え、でもそれって・・・」

などといって、あなたが真に受けて相手にすればするほど、お客様を正すための否定会話になります。

そうなると、お客様も受け入れてもらえない自分を「正しいのは俺だ」と肯定するために、あなたにさらに食い下がってきます。

キャバクラはどんなお客様も受け入れてくれる場所

上から目線のお客様や、何かとつっかかってくるお客様ほど、日ごろ受け入れてもらえない日常を、過ごしていたりするものです。

そのため、受け入れてもらうためにあなたにお金を払っている、とも言えます。

世の中にあるお仕事には、いろーんな商品やサービスがあり、必ずしも「お客様を受け入れなければいけない」というルールはありません。

提供している商品やサービスが、お客様にそぐわなければ断ることもできます。

でも夜のお仕事の場合はちょっと特殊で、受け入れてもらえなかった人を受け止めてあげることが、サービスの1つになり得ます。

「そんな人をたくさん受け入れられる器を、この仕事で養っている」

とでも考えれば、イライラも成長に変わっていくでしょう。

そしてそれは、今後の仕事やプライベートでの人間関係でも
人より抜きん出る、あなただけの魅力になります。

関連商品:

■嫌なお客様でも負担なく営業が続けられる!小悪魔メール

■他にも11タイプ別お客様の攻略法を収録!小悪魔的営業テクニック集

※営業に悩んでいるコには、このブログを教えてあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る