記事の詳細

Q)お客様を褒めたりするときに、すぐに営業っぽく聞こえてしまうみたいです。
どうしたら本当っぽく、お客様に聞いてもらえるのかコツがしりたいです。

A)本当っぽく聞いてもらうには、
まずはあなたが、本当に、心から、お客様の価値観を納得してあげること。

考え方を変えて、
お客様の良い所を見つけて「すごい」と思うこと。

お客様が言うことやその価値観に、
心のどこかで納得していない、あなたがいると、

そこから出た言葉って、うそっぽくなります。

演技力のある女優さんが、本当っぽく見えるのは、
その人が心から共感して「本当」に感じているからです。

夜のお仕事で、トップキャストがお客様を惹きつけるのは、
その人が心から、お客様の十人十色の価値観や考え方に共感できるからです。

人って本当に鋭いもので、
その人の言葉に潜む「ウソ」を直感で感じて見抜きます。

そしてそれは本当っぽく、取り繕うことができません。

営業っぽくならない、褒め方のコツは下記2つです。

1)まずはあなたから、お客様の価値観や考え方を、受け入れてあげましょう。

受け入れることができれば、共感するのは簡単です。

逆に受け入れていなければ、あなたの言ったこと全て、
お客様から「ウソっぽい」「適当なやつ」と判断されかねません。

2)褒め言葉は、スマートにさらりと使うこと。

話の最後にわざとらしく

「○○さんかっこいいー!」

みたいに、褒め言葉を主役にもっていかないこと。

そうすると不自然になり、お客様も
「はいはい、またそれね。」ってなります。

でも、「へえ、それかっこいいですね。で、その後どうしたんですか?」

みたいに、会話の途中に、褒め言葉を脇役として入れると、
自然に、お客様のプライドを満足させることができます。

持ち物を褒めるときも一緒。

コートを預かりながら、さらりと時計を褒める。

飲み物を作り、差し出しながら、ネクタイ(アクセサリーなど)もついでに褒める。

褒め言葉は「ながら」で脇役として使うこと。

これが営業トークにならないコツです。

お客様に共感して、言葉をスマートに使ってみましょう!

関連商品:

■スマートな言葉で反応率UP!営業メール一斉送信ツール(携帯はこちら)

■相手の自尊心を満たす!35のお金になる会話テクニック集(携帯はこちら)

※営業に悩んでいるコには、このブログを教えてあげて下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る