記事の詳細

今日は、お店やエリアを移ったときの、新しい営業戦略の立て方について書きます。

エリアやお店タイプが変わると客層が変わる

夜のお仕事では、銀座から歌舞伎町へ移ったりして、エリアが変わると、客層もがらりと変わります。
エリアでなくとも、お店が変わっただけでも、客層が変わったりします。
そうなると、今までの接客や営業が、全く上手くいかなくなったりして、息詰まることがあります。

客層が変わったということは…
お客様が何に反応して、どんな対応が好きなのかなどの、「琴線」が変わったということです。

今まで、はしゃいでウケていたのが、こちらでは、けむたがられるかもしれないし、その逆かもしれない。
今までの内容の日記メールでは、全く反応しないかもしれない。

新天地に早く対応できるように、柔軟に自分を変えていきましょう。

  • 客層の営業における特徴を、早く読み取りましょう。
  • 他のキャストさんの雰囲気に協調しましょう。
  • トップの営業法に探りを入れてみるのもいいかもしれません。

そうやって、

  • 新しいお客様たちがどんなお金の使い方をするのか
  • どれくらいの顧客リストを持っていれば、どれくらいの売上がたつのかの目安
  • そのお客様たちの気持ちをとらえるには、どんなアプローチが効果的なのか
    (メールの内容・話し方etc)

などを、より早くつかみましょう。
どんなタイプのコでも、それなりに順応して、そのお店の特長を理解すれば、お客様をつかめる余地はあるはずです。

新しい状況に早く慣れるポイントは、使う言葉を変えること、そして、うまく自分を変えていくこと(協調していくこと)です。

初めは、違いに戸惑うかもしれません。
でも男性が女性を求めて、お店にお金を払いに来るという、公式だけは変わらないものです。
うまく順応して、新しいあなたの可能性を見つけていきましょう!

check新しい場所でもうまくなじめる言葉選びを覚えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る