記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q)どうすれば売れるのかという方法以外に、こういう子は売れないという内容が知りたいです(>_<)

A)それでは今日は、売れないコによくある特徴をまとめてみます。
該当してしまったら、直す箇所と見て、やらないように気をつけてみましょう。

  • 相手が話すのを待っているコ
  • ドリンクや場内指名をこびるコ
  • 相手の喜ぶツボを探れないコ
  • 連絡先を交換しないコ
  • 自分の言いたいことばかり言うコ
  • 自分の言いたいことばかり書いたメールを送るコ

ざっとこんなところでしょうか。
ではなぜこれだと「売れない」のか。詳しく書いてみます。

相手が話すのを待っているコ

→まだお仕事を理解していないレベル。
夜のお仕事では「相手から話をうまく引き出す技術」が必要です。
待っていても、フリーで席に着く時間が終わるだけ。

相手に話してもらえるよう、自分からどうにかして仕掛けていきましょう。
逆に言うと売れるコは、その仕掛け方を身につけたコです。

ドリンクや場内指名をこびるコ

→「こび」はその場しのぎの営業方法。
やってることが後につながらないので、あとあと誰もついてこなくなり、売れない悪循環に陥ります。

まずは楽しんでもらうことを最優先に。
楽しんでもらえれば、こびなくても少し押すだけで、ドリンクや指名はもらえます。

相手の喜ぶツボを探れないコ

→このお客様はどこを押したら喜んで、どこを押したら引くのか、怒るのか、笑うのか・・etc。
十人十色、それぞれのお客様のツボを見抜くセンスがないコは、要領が悪いので、指名につながるまでに時間がかかります。

相手の反応を見ながら、いろんな玉を投げてみる行動を日頃から積み重ねていると、見抜くのが速くなります。

連絡先を交換しないコ

→その場営業のコのほとんどがこれです。
そもそも仕事をしているうちに入りません。

お金になる顧客リスト自体を持っていない状態なので、もちろん売れることもありません。
もっと売りたいと思ったら、最低限これだけはやっておきましょう。

顧客リストが増えても、小悪魔メールのような一斉送信ツールを使って、ちゃんと管理すれば面倒はないし、交換しておいて損はないです。

自分の言いたいことばかり言うコ

→営業の極意は「自分が言いたいことを言う」のではなく「お客様が聞きたいことを言う」こと。

私は、私が・・ばっかり使うコは自分のことを話すコで、
○○さんは、○○さんが・・・ばっかり使うコは、お客様の話を聞くコです。

うまく話の中心をお客様に移しましょう。

自分の言いたいことばかり書いたメールを送るコ

→自分の送ったメールをたまに見返して見ましょう。
割と相手には関係ない「言いたいことメール」になっていることが多いものです。

その手の類のメールをあんまり送りすぎると、お客様にとって迷惑メールになってしまいます。
そうなったが最後、お客様は戻ってこなくなることもあるので注意。

相手の身になった上でこの言葉はOKかNGか。見極めて言葉を選びましょう。

check売れるキャバ嬢が手放せない、少額でハイリターンを得られる、小悪魔メール一斉送信もチェック。


check売れないコや初心者がまず手にする入門本、27の小悪魔的営業テクニック集もおススメ。

※営業に悩んでいるコには、このブログを教えてあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Blog記事カテゴリー

ページ上部へ戻る