記事の詳細

いつも連絡が来るのに、お店には上司と来ているからと指名してもらえない。
今日はそんな場合の対処方法について書いてみます。

上司の指名のコにお願いしてもらう。

お客様が本当にあなたの指名を望んでいるのなら、上司の指名のコに協力してもらって、

「○○さんと○○ちゃんすごく仲良いの。だから○○ちゃんもここに指名入れてイイ?」

みたいに、上司にあなたの指名もお願いしてもらうことができます。
そういうこともあるので、日ごろから女の子同士仲良くしておくことが大切です。

上司もフリーなら、あなたが2人まるごと仲良くなれない限り、上司にお願いすることは厳しいでしょう。
そもそも、そんな雰囲気じゃない場合。
そういったお客様は、仕事で来ている限り、上司の手前、指名して上司が払う会計に負担をかけることはできないかもしれません。

または、本当は自由に指名できるのにしていない場合は、おそらく上司を言い訳に使っているだけで、本心は

「あなたのことは気に入っているけど、指名までして会いたいほどじゃない。」

くらいの心もちなのかもしれません。
上司が原因で本当に指名ができない場合は、そこでの指名はあまり期待できません。

難しい時は後日、プライベートで来て頂く方向に。

別の日に違う同僚と来てくれる方向か、仕事とは関係のない、プライベートで別の友達と一緒にきてもらったり、1人できてもらう可能性をさぐりましょう。

  1. まずはその人が、プライベートでも飲みにいったり、キャバクラを利用するのかを、それとなく聞いてみましょう。
  2. 利用しないなら、その気にさせるのに、ある程度の色恋も必要になります。
  3. 利用するなら、チャンス!

「その人だけを個人的に見てあげてる演出」をメールや接客で心がけると良いです。
※メールの反応で、「私も好き」「私もやってみたい」「○○さんの××なところ素敵だね」みたいな共感&受け入れオーラを出す感じ♪

初めは上司の付き合いで来ていても、本当にあなたのことを気に入ってくれて、どうしても会いたくなれば、別の日に改めてプライベートや友達と来店してくれるようになります。

ポイントは「あなたがその気にさせられるかどうか」です。
男性はその気になれば、どんなに難しい状況だったとしても、何をしてでも目的を達成しようとします。
3の場合は、お客様になってくれる可能性も高いので、定期的にコンタクト続けましょう!

check以下は、フリー客をその気にさせる小悪魔テクニックをのせたマニュアルです。(12のお客様タイプ別攻略法と小悪魔演出テクニック参照)

check根気よくフォローするコには、フリー300人の定期コンタクトも1分で完了する小悪魔メールがおすすめ。

※営業に悩んでいる子や、キャスト教育に悩むお店の方がいたら、このブログを教えてあげてください♪

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る