記事の詳細

接客もできるし、話もできる。
営業もやっているのになぜか、売れない・・・。
今日はそんなときに注意したい「よくある売れないパターン」を5つ配信します。

お客様を遠ざける行為ですので、あてはまるコは要注意!
直せばお客様の幅が、うんと広がるでしょう。

①自分ばっかり喋るコ

夜のお仕事ではお客様は話しに来ています。
相手の雰囲気に同調して、相手が話しやすい空気を作れることが大切です。

②ねだるコ

自分の成績にあせっているとやりがちです。
しかし、場内指名やドリンク、ボトル、時間延長などはお客様が希望して行うものです。
打ち解けた後ならまだしも、その手前でねだると、その先長くは続かないでしょう。

③お客様から口説かれたら拒否るコ

ほとんどのお客様は、口説いたときの反応を楽しんでいるだけです。
そのテンションにはノッてあげる。
例え相手が真剣でも、はぐらかして楽しい話に切り替える。
拒絶反応だけは示さないようにしましょう。

④お客様のアドレスを削除していくコ

「もうこの人ムリ!削除!」とメールアドレスをどんどん削除したり、メールアドレスを変えたりすると、また1からお客様作りのやり直しです。
お客様が口説いてきたり、不快な思いをさせられることは、夜のお仕事では正直、なくなることはありません。
これをやっていると、永久にお客様は増えないので要注意です。
寛大に受け止める許容を養いましょう。

⑤お客様を追いかけるコ

営業をがんばるコが空回りしやすいパターンです。
男性は追いかけても逃げるだけ。
お客様の反応にいちいち振り回されたり、必要以上にメールや電話を、だらだら続けたりしないようにしましょう。
やるべき仕事をやったら、あなたから切り上げて、次のやるべきことへ進みましょう!

check一斉営業を機械的にこなすことでメアド削除せず、追いかけずにやるべき仕事ができるようになります。


check以下は「あなたの勝ちパターンをつかむ方法」など、売れないパターンから脱出する方法を記載したテクニック集です。

※営業に悩んでいるコには、このブログを教えてあげて下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る