記事の詳細

夜のお仕事では
よく以下のようなことを言われて、対応に悩んでいるコがいます。

「指名しないけど外で会おう」

「店には通わないけど付き合おう」

「月いくらで愛人契約しよう」

このような
たかをくくられた言い方をされるのはズバリ、

「お客様があなたに安いイメージを抱いているから」。

男性が、本命のコには、決して言わないセリフでもあります。

言われてしまったら
自分がその程度のイメージだったのだと自覚して

その「安いイメージ」を拭い去る努力をするしかないです。

あなたの周りにいる
自分よりもっと上のレベルのコを、お手本にしてみるのも手です。

といっても、

「外で会おう」
「付き合おう」

とお客様が言ってくるのは、見込みが高い証拠でもあります。

そのお客様たちから逃げるのではなく
ぜひそこに踏み込んで、対等な関係を作ってみましょう。

踏み込んで、まずそのお客様をもっと知ること。

お客様にコミュニケーションを、教えてあげることもあなたの仕事です。

お客様と対等な関係を作れる時間は、
あなたが接客中か、店外で会っている時がベストです。

やはりメールだけで、対等な関係を作りあげるのは難しいもの。

好き勝手言ってくるお客様に
ケチだのウザイだの、よく腹をたてるキャストがいますが、

初めに20分程度接客しただけで
お客様を思い通りに動かそうとすること自体、無理があります。

そこでご飯でも一度つきあってあげれば、その時間内に

あなたの魅力のアピールに加え、
言いたいことくらい言えるような関係を作ることは可能です。

心の中につながりができれば
そう簡単に断ち切れなくなるものです。

かけひきしなくとも
自然に「次いつくるの?」と言える関係を目指しましょう。

お店に何回か来てくれた人には

「2人で外で会える時間も作りたいから、
次くるときは、仕事前か後にでも、一緒にご飯いかない?」

みたいに、
来店を前提として、堂々と誘ってあげるのも、ひとつのサービスです。

 

関連商品:

■嫌なお客様にもデコメ自動配信!小悪魔メール(PCはこちら)

■11タイプ別お客様の対応法!27の小悪魔的営業テクニック集(PCはこちら)

※営業に悩んでいるコには、このブログを教えてあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る