記事の詳細

あなたが夜のお仕事を教える側に回ったとき。
今日は、店長さんやママさんやスタッフといった、経営側の方たち向けに、従業員の育て方について配信します。
また、あなたがキャストさんでも、お客様やお店に影響力を与えていく方法について書いていますので、参考にしましょう。

管理職や男子スタッフがキャストさんに教えないといけないことは、営業の正しい考え方とやり方。

夜のお仕事の本質的なものは、キャバでもクラブでもスナックでも、基本は同じです。
それらの情報はすべて、このラブキャバ.comにあります。
向上心の高いコは、本サイトをそのまま教えてあげるだけで、自分で勉強するでしょう。

でも基本、キャストさんを育てるときは、
まず育てる側の人が、キャストさんたちに、夜のお仕事の正しいやり方や考え方を教えること。
それがうまく伝わるようになってきたら、今度はそんな自分の考え方や教え方を、スタッフに教えることです。

素直なコであれば、ラブキャバに載っている情報を活用すれば、必ずお客様がついてくるようになります。
キャストさんや男子スタッフたちは、お店のトップである店長さんやママさんの考え方に沿った働きをするものです。
意欲のないスタッフ陣から、お仕事の本質も教えられず、ただ「客を呼べ、呼べ」と言われても、キャストさんたちがみんな、ついてくることはありません。

夜のお店では「お客様を呼べるコ」の影響力が強くなります。

必ずしも経営陣でなくとも、あなたがトップキャストになって、あなたの影響力でお店全体を、良い方向へ引っ張っていくことも可能なのです。
夜のお店が長く営業していくには、誰かそんな「強くポジティブな人」がいることが重要です。

まずはあなたが見本になること。(またはそんな人を雇うこと)
キャストさんに何か聞かれたら、その答えはほぼ全部、ラブキャバ.com本サイトや有料テクニック集やメルマガなどの、コンテンツ内で見つかります。

夜のお仕事は、お店を通して関わる人全員に、パワーや影響力を与えていける、素晴らしい仕事です。
キャストさんであれば、1人のお客様を育てることから。
経営側であれば、1人の新人さんを育てることから始めてみましょう!

 

checkたくさんのお店が女の子に小悪魔メールを活用させることで売上を伸ばしています。

check以下は↓お店のマニュアルとして入店後読んでもらうとその後の営業指南がスムーズになります。

※営業に悩んでいるコには、このブログを教えてあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る