記事の詳細

キャバクラに来たお客様にどんなふうに接していいかわからないとき。
今日はこのシンプル営業を、ひとつだけやってみましょう。
水商売経験者なら、さらに稼げるアプローチができるようになります。

今日のひとつだけ営業:お客様ノートをつける

【ノートを役立てるポイント】

  • お客様の個人情報をできるだけ接客中に聞いておくこと。
    (誕生日、最寄り駅、出身地、血液型、趣味など)
  • 日ごろの日記メールもそれに合わせた内容を送ると効果的。
    (今日は釣りに行ってるのかな?など)
  • 誘うときもその情報を活かして誘うこと
    (○○さん来週お誕生日だから二人でお祝いしましょ♪など)

今日はこれだけ。
上記ポイントを押さえて、お客様とある程度個人的にメール交換したあとは、小悪魔メールで一斉送信でもOK。

すでにある程度の信頼関係が築けているので、一斉送信でも名前が入った自然な文章になっていれば、お客様はあまり違和感を感じません。
お客様との距離を縮めるために、接客で聞いた個人情報を、その後の営業メールに積極的に活かしましょう!

実はラブキャバ.comでは、新規にテクニック集や小悪魔メールをご購入の方には、ラブキャバ特製の「お客様データノート」を無料でプレゼントしています。
ご購入者様でほしい方はぜひメールでお申し出くださいね。

check距離が縮んだ後は、小悪魔メールを使うと一斉送信できて時間と労力を節約できます!

check以下は、お客様管理の極意がわかる!キャバ嬢専用メール営業マニュアルです。LINE営業にもそのまま活かせるよ♪

関連記事

コメントは利用できません。

小悪魔メール/小悪魔LINE 利用者の声

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る