記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜のお仕事をしていると必ず経験する、お客様からの数々のお誘い。
今日は、指名客からフリー客から本当に嫌なお客様まで、相手によって変えるべき「お誘い対応法」を配信します。

指名客から外で会おうと言われたら

極力時間を作ってあげる。
嫌なときは「今週は予定が立ってしまっているから、行けるときにまた連絡するね。○○さんも都合の良い日があったら教えてね」と言って先延ばし。
指名客との関係を壊したくなければ、埋め合わせとして、ちゃんと後でメールでフォローするか、時間を作ってあげるなどしてあげましょう。

指名客の場合は、ビフォアでご飯の予定を立てれば、高確率で同伴してくれるので、できればOKしましょう。

来店後のアフターも1時間でいいので、誘われたらできれば行ってあげる。
嫌なときは「今日はこの後お店の○○ちゃん(お店のみんな又は他のお客様)と約束があるから、また今度、○○さんが言ってた××にご飯行こうョ」と言って先延ばし。

「明日仕事だから」「疲れたから」という言い訳は、お客様も同じなので不満になります。
でも「これから約束がある」場合は、大抵のお客様は踏み込めない。

基本的に、指名客相手には「断る」のではなくて「承諾」か「先延ばし」のみ。(断ると戻ってこなくなる可能性があるので)

返信はくるけど、絶対お店に来ないお客様から外で会おうと言われたら

太そう(お金持ってそう、指名客になりそう)であれば一度、時間を合わせてご飯に行く。(仲良くなっておいて損はなし)

その他のお客様には、「予定を確認してみるね」と言って保留。
特に相手が何も言ってこないなら、何事もなかったかのように次回からも日記メールを送る。
さらに予定を聞いてきて、行きたくないときは、その時はあえて返信せず、3日後とかに「ごめんネ。ちょっと忙しいかも」と返しておく。

行ってもいいなら、週末や返信がきたタイミングなどを見計らって「今日(明日)は何してるの?」とあなたからつっこんでみる。
でも無理な誘いは禁物です。

フリー客相手には、「断る」のではなく「保留」する。(断られたわけではないので、相手も引けない)

あなたにお金を使ってくれてるわけではないので、約束をする必要も、埋め合わせをしてあげる必要もないです。

あなたのペースで連絡できる距離感の人たちなので、気長にフリーバックを狙いましょう。

返信もこない、いわゆるC客には

→ひたすら日記メールに気持ちをそえて送るべし。

本っ当に嫌なお客様から外で会おうと言われたら

→お客様にもなってほしくないのであれば、「彼氏を困らせたくないから店外デートはしないの」とはっきり言って脈なしをアピール。

でもこれはお客様としても縁を切る言葉なので、「この人だけは無理!」という相手にだけ使うようにしましょう。

checkiPhoneならau,docomo,SoftBank 3キャリアにて携帯アドレスから名前差替え一斉送信ができます!

※営業に悩んでいるコには、このブログを教えてあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Blog記事カテゴリー

ページ上部へ戻る