記事の詳細

指名客がついてくると病み客の対応や、お店からのプレッシャーで、自分まで病んでしまう。
押しつぶされそうになったときは、以下をやってみましょう。

今日のひとつだけ営業:病みとうまく付き合う

【病みと付き合うポイント】

  • 病み客からのメールは迷惑メールだと思って割り切る。ちゃんと返信したらあとは、いちいち気に留めない
    (気に留めるほどあなたのポジティブさが奪われてしまう)

  • ダッシュでランニングして、脳と心臓にフレッシュな空気を送り込む
    (脳がポジティブになる)

  • 病み客や自分の病みが襲ってきたら、向き合ってキャバシティを広げる
    (お店を辞めたり着拒して、簡単に逃げない)

今日はこれだけ。
実は夜のお仕事で稼げる人は、この「周りや自分の病み」と付き合うのがとてもうまい人です。

病みがくるということは、それだけあなたに乗り越えるだけの力があるということ。
これとポジティブに付き合えるようになったら、もうどこにいっても働いて暮らしていけます。

check詳しくは以下マニュアルの「ヘコんだ時病んだ時の立ち直り方」も参照してね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る