記事の詳細

今日は営業メールについて。
作っていると、ついつい日記みたいな感じで長文になってしまう…。

やっぱり長文だとメールを貰う方も煩わしかったるするのか。
なるべく短文でメールしたほうがいいのか??

多くの人が、長文メールが来たとき、返信を面倒くさく感じるものです。
だから返事がいらないような、「○○さんも今日一日頑張ってくださいねっ」と締めたメールにします。

もしメールの長さが気になるなら、一度共有メールを参考にしてみるのも良いです。

そこでピックアップしているメールは、どのお客様にいっても、わずらわしさを感じられない長さの文章をチョイスしていますので、ほとんど短文か中文くらいの長さのもの。
そのメールの長さくらいを目安にしてみると良いです。

また、「営業メールは長文にならない方が良い」とはよく聞くかもしれませんが、実はこれはケースバイケース。
特徴を理解すれば、効果的に活用することができます。

それぞれの特徴を以下にまとめます。

短文の営業メール

2~3行。
送りやすいし受け取りやすいので、若者や忙しい人、仕事が速いビジネスマン向け。
小悪魔メール一斉送信向き。

中文の営業メール

5~7行。
だれにでも送れて、ストレスなく受け取れる無難な長さ。
一斉送信向き。

長文の営業メール

8行以上。
メールというよりお手紙という感じ。
読むのに一呼吸いるが、その人との間でしかわからない文章が織り交ぜてあると好感度大。
逆に長文なのにつまらない文章だと、煩わしさが出るので注意。
個別メール向き。
みんな向き、かつ、よいお手紙がかけるなら一斉送信で一気に好感度アップが狙える。

小悪魔メール会員さんの中には、もうおなじみ「まりりんに聞く」サービスを使って、大きなイベントの前など、作ったメールの見直しをここで相談される方もいらっしゃいます。
メール作成はできませんが、本文を送っていただければ文章校正はできますので、もし気になるときはご相談くださいね。

check好感度大の文章術や送り方をもっと学びたい方は、メール営業テクニック集も見てね。

関連記事

コメントは利用できません。

小悪魔メール/小悪魔LINE 利用者の声

Blog記事カテゴリー

ページ上部へ戻る