記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はシャンパンのおねだり方法について書きます。
おねだりを成功させる秘訣は、なんといっても「相手とタイミングを見極めること」に尽きます。
というのは、ちょっと注意して見るとわかりますが、シャンパンや飲み物がバンバン出ているテーブルって限られていると思います。

シャンパンなどの抜き物が出るのは、

  • はしゃぐ若者グループ客
  • ビジネスの接待グループ客
  • あなたに夢中のかっこつけたい客
  • 社長

と、グループ客がメイン。
ピン客なら一部の客層のみ。

お客様の誰でもから、出してもらえるものではないと、初めから心得ておきましょう。

グループ客なら、話の流れやノリで
「1杯ずつだと高いからこっちを1本あけちゃうネ」
といった感じで、抜き物は、割りと簡単に空けることができます。

でもピン客の場合は、先にあげたような、かっこつけたい人か、社長のようなプライドの高い人でないと難しいものです。

そんな人たちであれば、「何が飲みたい?」ときたときに、
「梅酒だったら結構飲んじゃうかも」
「ポンパ♪」
などと、笑顔で可愛げに言えれば、なんのためらいもなく、ボトルを空けてくれたりします。

それ以外のお客様におねだりを試みたところで、空気を壊すか、引かれるだけ。
おねだりは相手を見極めれば簡単で、見極めなければ難しいもの。

でもあなたがもし、難しい人にわざわざ挑戦したいのであれば、「男性はみんなかっこつけたい生き物」だということに注目しましょう。
あなたの接客レベルを高めて、相手がかっこよくリードしたくなるような、女の子に切り替えができるようになれば完璧です。
それができるコは、広範囲のお客様から、ドリンクや抜き物を出しています。

お仕事に慣れてきたら、ワンランク上の、守備範囲の広いオーラを持った、キャストさんを目指してみましょう!

checkシャンパンやテーブル伝票をどんどん伸ばす、話し方の秘密は以下の会話テクニック集も参照してね。


check営業メールを一瞬で終わらせて、指名客フォローの時間を増やしたい方は小悪魔メールにも注目!

※営業に悩んでいるコや店舗経営者には、このサイトを教えてあげると喜ばれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Blog記事カテゴリー

ページ上部へ戻る