記事の詳細

キャバクラののお客様をどうやってフリーバック(再来店)させるか?

1)まずはフリーバックできそうな人を見極める。

誰彼かまわず、メールや同伴を誘っても、引かれるだけです。
拒絶されるとあなたの自信もなくなってしまいます。

フリーバックできそうな人とは、

  • 1人でも来店する人
  • 友達と飲みついでに来店するサラリーマン
  • キャバクラを接待で使う管理職の人

などです。
そこである程度、見込みの高い人たちに的をしぼりましょう。

2)その人たちとメールや電話、会ったりして仲良くなる。

会うと言っても、あなたの中では仕事だと割り切って、30分や1時間で切り上げます。
(モチロン相手に仕事だと割り切った感は見せないでネ)

会う時は
「○○さんにもし時間があったら、○日にこないだ話してたおいしいラーメン屋さん行きませんか?私は夕方6時くらいでしたらいけると思います。」

てな感じで、日にちと時間と場所も指定してあげると、アポが決まるのも早いです。

抽象的(おおざっぱ)なメールのやり取りは、一向に話が先に進まないので要注意!
話やメールの主導権は、相手の希望に沿いつつもあなたが握っておきましょう。

相手にとって、あなたが心地よい存在になれるまで頑張りましょう。
これについては、場内指名で心地よい存在になれれば、その後のフリーバックも早くなります。
なれなかったら、その後の営業でがんばる。といった感じになるのです。

よくフリーバックの早いコがいますが、それは店内である程度良い関係を作り上げたコなのです。
そこまできたら、次の3番にいってみましょう。

3)「今度いつこれるの?」と軽くプッシュ。

ここまできて初めて
「○日会いたいな、来れないかな?」
みたいな、「来て」の一押しができるようになります。

カンタンそうにトップキャバ嬢がフリーバックしていますが、その裏には、こんな流れがちゃんとあることを忘れずに♪

それではHappy Mery Xmas!!
クリスマスイベント営業やってる所も、にぎやかなクリスマスになりますように。

checkメールやLINEでの詳しいフリーバック戦略をのせています。

check皆の営業メールが見れる!ラブキャバ共有メール

関連記事

コメントは利用できません。

小悪魔メール/小悪魔LINE 利用者の声

Blog記事カテゴリー

ページ上部へ戻る