記事の詳細

お客様対応で一番悩むのが、色恋でのメールや会話のかわし方。
悩んだときは、以下のポイントだけまず押さえてみましょう。

今日のひとつだけ営業:色恋客をかわす(戯れる)

【かわす(戯れる)ポイント】

  • 相手の言動は受け止めてあげること。
    (下ネタや、店外に誘われても、あなたから切らないこと)
  • 相手の言葉を真に受けないこと。
  • 興味あるかも」が伝わる返しをする。
    (楽しそう♪/予定が合えば行きたいナ/○○はどう? etc…)

今日はこれだけ。

ほとんどの色恋客は、あなたがどんな返しをするのか期待しているだけです。
真に受けるのではなく、お客様が喜ぶ言葉を「サービス」として、返してあげましょう。何でもOKして喜ばせるのとは違います

言葉を選ぶときは、相手によって臨機応変に変えれるのがベスト。
冗談好きな人なら、あえて似たような冗談を返したり、マジメで紳士な人なら、あなたもちゃんと考えてレディな言葉を返す…みたいに。

相手のステージ、会話レベルを受け入れて、自然に合わせられるようになればもう、ナンバークラス。
幅広いお客様を指名でもっていくことができます。

check以下は「色恋客への実践返答集」などの、お客様が喜ぶかわし方をのせた会話マニュアルです。

関連記事

コメントは利用できません。

小悪魔メール/小悪魔LINE 利用者の声

ブログ記事カテゴリー

ページ上部へ戻る