記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、小悪魔メールを使っているキャストさんからいただいた感想をもとに、「週2の出勤日に集中してお客様を呼ぶ営業法」について書きます。以下感想。(名前はふせています)

まりりんさん、こんにちは☆ 1ヶ月前に場内指名を頂いたお客様に、定期的に小悪魔メールを送っていたら昨日、本指名で来店してくれました!
私はお昼はOLなので、金曜日と土曜日しか出勤していませんが、平均的に金曜日は4~6本、土曜日は7~10本指名が取れます。

小悪魔メールの良い所は、B客C客への営業がラクに済んだ分、大事なA客への時間をたくさん作れる所ですね☆ また、小悪魔メールマニュアルに書いてあった、
「もうすぐ呼ばれちゃうかも知れないから今のうちに連絡先交換しようよ」 のテクは本当に使えます!「え?行っちゃうの?でも指名したら居てくれるんだよね?」なんて指名を頂いた事もありました。

マニュアルを読むまでは、ただ自分の名刺(連絡先入り)を渡すだけだったので、あまり効率よく連絡先が増えませんでした(^-^;

このキャストさんの良いところは、自分の中で、

  • 時間を作ってあげるべき人
  • 切れないようにコンタクトをとっておくだけの人

といった、 お客様のランク分けが、正確にできているところ。
そして、お昼の仕事をやりながらの限られた時間でも、小悪魔メールを使うことで、とても効果的に営業できているところです。
そうすることで、最小限の時間と努力で、最大の効果をあげることができます。

私は、週末だけの出勤でも、出勤日にはダントツでナンバーワンの売上を作って帰る、小悪魔メール会員さんをたくさん知っています。

限られた出勤日数に、集中して売上を上げたかったら

  • 出勤日に来た指名客と、席についている間に
    なるべく、次回の同伴(ご飯)や来店の約束をつけておくこと
  • B客C客にも必ずメールを送ること
  • フリーがいたら、指名客がいても、10分でもいいからつけてもらうこと
  • フリーバックできそうな人は、同伴の約束があっても
    手前の時間をあけて、1時間でいいから会ってみること

こうすることで、時間は凝縮されますが

  • 出勤毎の同伴や指名の確保
  • フリーバック
  • 新規開拓

をすることができます。

もうわかるかもしれませんが、これはレギュラー出勤においても、同じ要領です。
レギュラー出勤なら、 さらに多くのお客様でも、手際よく、まわすことができるでしょう。
あなたが週2でも、レギュラーでも、 出勤した日には、1番の売上を作れるようにがんばっていきましょう!

check小悪魔メールマニュアルに、週2出勤でもお客様を呼べる「営業メールの内容とその目的」も収録。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Blog記事カテゴリー

ページ上部へ戻る