記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、小悪魔メール会員さんからの、LINE営業に関する質問から。
Q)新規に着いてLINEをしていても、何度かした後に既読スルーされるパターンが多いです。内容は、その時々の出来事を報告したり、質問も入れたりして工夫しているつもりなのですが、原因がわかりません。
ただ返信はひとりに対して1日1回程度ですぐには返しません。内容が面白くないのでしょうか、テンポが悪いのでしょうか…。あと既読スルーのお客さんは、指名に繋がらない事が多いですが、ここにたまに再送するのはやはり無駄でしょうか。

A)返信は相手の気持ちの温度と、あなたのかけひき次第でお客様の行動も変わってきます。

お客様が心さみしいときに、押せば来店いただけるかもしれないものを、1回返して終われば、チャンスを逃します。
お客様の求めるコミュニケーションと、与えるバランスを考えてみましょう。

既読スルーについては割合によります。
7~8割くらいのお客様が既読スルーであれば、それはキャバクラなら一般的。
たくさんのお客様を相手にする、他の女の子たちの多くもそうです。

お客様はレスするタイミングが、なかったりするだけで、あなたのメッセージはちゃんと伝わっています。
要はコンタクト方法が小悪魔メールかLINEかの違いなのです。

既読スルーでも、小悪魔メールの返事なしグループだと思って、気にせず定期一斉配信の要領で送ってあげるのがベスト。

コンタクトさえあなたから切らなければ、今後都合が良いとき、タイミングが合ったときに来てくれる類のお客様になります。

しかし、LINEでコンタクトを増やすほど、営業時にあなたが大変になるだけなります。
大事なお客様以外は小悪魔メールで営業できるよう、できるだけ席でお客様との距離が近いうちに、携帯アドレスをゲットできると◎。

さらに掘り下げた内容にも興味がある方は、下の21のメールテクニック集に掲載の「LINEで指名につなげる方法」も読んでみてね。(サンプルに試し読みあり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Blog記事カテゴリー

ページ上部へ戻る